2007年01月22日

【その3】エスクードに乗りたい

ブログネタに困りましたので、seesaaの言いなりになってみます。
「欲しい車を教えて」というお題がありましたので、
頑張ってそれで書いてみます。

尚、乗りたい車は1台に留まりませんので
数回に分けてお送り致します。


さて第3回目に書くのはこの車
2007.01.22.jpg
そうです、SUZUKIのエスクードですね。
なかなか馴染みの無い車かと思います。あんまり見かけませんしね。

最近はグランドエスクードなんてのも出て、
サロモンエディション(?)なんてのが出ているようですね。
過去にも、ゴールドウィンやヘリーハンセンなど
アウトドア系のブランドとのコラボレーションなどがありました。
僕がこの車に惹かれたのは「丁度良い大きさ」だからです。
見た目、パッとしませんがこれでもれっきとした4WDなんですよね。

豪雪地帯に住んでいますので、4WD系の車を探していた僕ですが、
乗りたい車と言えばHONDAのCR-V(KOTAさんが買いかけた奴)とか、
三菱のパジェロ、こないだこのブログで書いたTOYOTAのランドクルーザーなど、
かなり大きめで排気量もデカい、僕としては規格"外"な車ばかり。
しかしこれ、大きさも丁度良さそうだし排気量も2000cc程度。
なかなかの物件です。
しかし問題になってくるのが「タマ数」が少ないと言う点。
中古車情報誌を見てもなかなか無いんです。
しかしこれは裏を返せば「一度乗ったら手放したくない車」
と言う事なんでしょうか?
例えば、故障が少ないとか使い勝手が良いとか、
ワンオーナーが乗り潰していると考えられます。
だとしたら見つけたらかなりラッキー、かな。

今軽自動車に乗っている僕としては、
排気量1000ccを越す車なんてのはどれも夢のようなんですわ。
走り、音、乗り心地、どれをとっても数倍は良く感じられるでしょう。

posted by 逆転男 at 00:00| 岩手 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | これに乗りたい【スズキ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
添付写真に出ているエスクードを基準として考えますと、球数が少ないというのは、それだけ古くなってしまったからです。
10年経過してしまったか、或いは10万キロ以上走ってしまったかのこの手の車は、おおむね海外に持ち出されてしまいます。
初代のエスクードは、最終型が97年ですので、中古市場からは消えていく時期にさしかかっています。
でも、探すとまだあるんですよ。
僕も昨年、15年前のコンバーチブルを手に入れました。通算6台目のエスクードです。そういうのめり込みのユーザーも多いので、手放さないというお話もまた、事実です。
Posted by 雷蔵 at 2007年03月04日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。