2007年04月07日

うんこ車

うんこくさい車内。

車のリアガラスのウィンドフィルムを交換します。
前のオーナーが純正(?)のフィルムを貼っていたのですが、
何だかしわくちゃで、おまけに青っぽかったのでちょっと嫌。
僕はこういう事は計画をしっかりと練ってからやり始めたいので、
とりあえずこれを剥がせるのか検証したかったのです。
見た感じ純正っぽいので、フィルムを買ってから
剥がせない物だと分かった所で後の祭り。
とりあえずしっかりと「交換出来る」事を知りたかったのです。

ここまで慎重になるのはやはり、スピーカーのリベット止め。
素人では容易に交換が出来ない様になっていたのがトラウマとなっています。

まずはカッターで剥がすポイント作りをします。
ガラスに傷を付けないよう、カリカリッ。
とりあえず糸口的な部分は作りました。
ここからは怒涛の剥がし劇になると予想していました。

が、

スーッ・・・ペリッ・・ペリペリッ
バリリッ

長い間貼っていた物なので、薄皮だけ残ります。
ここで僕はウィンドフィルムは二重構造になっている事を知ります。
(このフィルムだけか?)

とりあえず気にせず剥がした所、炎のような模様になったので
多少テンションは上がりましたが、これが死ぬほど剥がしにくいのです。
物凄い薄いフィルムだけが残っているので、
爪でカリカリやっても数ミリしか剥がす事は出来ません。
ここで登場したのがステンレス製の定規。
100均で買いました。
これでガリガリやると面白い程剥がれます。
結局これで全部剥がしてやりましたが、
ガラス面や熱線へのダメージが凄い気になります。

さて剥がしてみて初めての運転です。
やはり後部の視界が良好だというのは本当に気持ちいいです。
バックする時だって安心で、このままで行こうかな
とも思いましたが問題は夜。
後続車のライトがまぶしいのです。
ウィンドフィルム未装着者に乗るのはほぼ初めてに近いので、
やはり気になってしょうがありません。
あとはプライバシーも保護されません。
僕は運転しながら本当に色々な事をしますので、それが丸見えです。
やはりプライバシーは保護しなきゃ。

一番の問題なのが臭いです。

長い間貼っていたせいか、ノリが物凄い悪臭を放つのです。
う○こくさい
というか
うんこくさい

です。本当にこれがノリの臭いなのかと疑う程の悪臭です。

リアガラス剥がしただけでこの臭いです。
あと4枚のフィルムを剥がしたら
うんこ車になっちゃいますって。

早いとこ剥がして貼っちゃお。
posted by 逆転男 at 00:00| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38100319

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。