2007年05月04日

車検マスターへの道(違)

名前を書き間違えられる。何て不愉快なのでしょう。

知り合いの話なのですが、その方は車検を控えておりまして、
その案内が届いた際「折」という文字を間違って使われておりました。
愛する子供に「折」という文字を使う親はどこに居るのでしょう。
この文字を使った言葉は色々あります。

挫折
骨折
折りたたみ傘


3つ目に至っては「コンパクトで持ち運べる」みたいで好印象なのですが、
やはりロクな言葉が無いようです。
車検を受けてもらうお客様ですよ。こんな不手際があってよろしいのかと。

そこで、色々考えてみました。

まず、車検には色々な書類が必要です。
この書類を全部折っていく。
丁寧に3つ折りがいいかな。
そして車検場に着いたら即、過去の骨折箇所の説明を行う。
「ここ!ここ!骨折した事あるのはここ!」
次に、早速挫折してみる。
「はぁあ、お金無いし車検どうしようかなぁ」

最後に、
折りたたみ傘持参である事を
ハッキリと伝える。


これでアナタは車検マスター!

あれ?違うか?
posted by 逆転男 at 00:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40810286

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。