2007年06月18日

キャバれ!

初体験です。

今日は直属の上司の誘いで、飲みに行く事に。
メンバーは僕とその上司と、めっぽう酒に弱い先輩。
居酒屋で、夜9時に始まるというかなり普通の飲み会でした。
これは予想していた事ですが、沈黙の時間があまりにも長い。
僕と先輩は、結構長い時間一緒に居る訳ですが、
気が合うんだか合わないんだか、ほとんど話をしない仲なのです。
しかし仲が悪い訳ではなく、いわゆる「阿吽」です。
酒の席とはいえ、そこに直属の上司ですから盛り上がらない事は明白です。

しかしそこは気合で乗り切ります。
ガブガブ飲んでやるんです。
何といってもおごりですから。
生をジョッキ5〜6杯飲み干しました。
そんな微妙な雰囲気のなか、2時間程度過ぎます。
ここで上司がとんでもない事を口にするのです。

「やっぱ姉ちゃん居ないとつまんないな」

ギョギョギョッ

それはどういった意味で・・・?

「よし、2件目行こうか!姉ちゃん居る店」

ひえぇ。

そんな訳で、本日キャバクラ初体験なのですよ。
密かにテンション上がっていると、今度は先輩が信じられない事を口にします。

「じゃ、帰りますんで」

ちょい待ち!無理ですって!
キャバ初体験の僕を置き去りにして帰るんですか!
しかし一度言い出した事は曲げない人なんです。帰られました
店を出て、小奇麗なお店へ到着。
緊張していると水割りとお盆に乗ったお菓子が登場。
そしてしばらくすると、いわゆるあれですね、キャバ嬢登場ですか。
いやぁ、綺麗な人だった!
僕、普段ビールしか飲まない、いや飲めない人間でしたが
この日だけは水割りガブガブ。
いやいや、ネタが無いから飲むしか無い訳で。
そうこうしていると
「名刺渡していいですか?」
と。いやもちろん頂きま・・・・。
それマジアドですか!そしてマジ番号ですか!
正直驚きました。一種の「営業」なんでしょうけど、ビビリます。
そして二人目の女の子登場。
さっきの子よりノリが良く、簿記の話題で盛り上がる
貸借対照表で大ウケでしたんで気持ち良いです。

こういうお店って、結構嫌な印象持ってましたけど、
ガラリと変わりました。女の子だってイヤラシイ訳では無いんです。
夜のお仕事しながら夢を追いかけたり、昼は普通の仕事したり。
そして何より楽しいんです。

いやぁ、何事も体験ですわ。
posted by 逆転男 at 00:00| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45336691

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。