2007年07月12日

やっちまった感


昨夜、職場から電話がありました。
内容は「届いているはずの販促物が無い」との事。
そして、これは僕が処理している物なのです。
思い出してみると、確かに処理はしています。
が、誰にも渡さずに机の下に置きっぱ


背筋が凍りつきます。

とりあえず、電話の相手が後輩でしたんで
「机の下にあるから!」
と、冷静を装いつつ指示を出して電話を切ったのですが、
やっちまった感で寝つきが悪いのです。

朝起きるとメールが届いているのです。
「おまえ、マジ殺す」
職場の姉貴的存在の方からのメールです。

背筋が凍りつきます。

出勤すると、僕が置きっぱにした販促物の上にメモがあり、
「このタグ、私が出勤するまでに
売り場の商品に付けといても良いよ


背筋が凍りつきます。

即刻やっちまおうと思ったのですが、
今日に限って朝一でやらなければならない仕事が。
とりあえずその仕事を片付けて12時。
タグ付けを開始しようとしたその瞬間―
姉貴登場。ギロリと一睨み。
「コイツ、適当な仕事してまーす」
わお、やめて下さい!今から、今からやります!

その商品を探し、タグを付けていると後ろから姉貴登場。
強引に肩を組み、
「おうおう、頑張ってんじゃねぇか」

背筋が凍りつきます。

マジ涙目になりつつ、すいませんでしたを連呼しつつ、タグ付け。
お客様から見たら「これが職場内イジメの実態か」と。
そんなこんなで気まずいなか、その方を避けまくって帰宅。

そして夜、姉貴から一通のメールが。

「おかげで仕事がスムーズに進みました。ありがとう。」

ここでもマジ涙目。

正直、ホッとしました。
仕事中は、一言も話をしなかったので、多分怒っているんだろうと
思っていたので、なお更安心しました。

さっき、メールし終えましたが最後に。

「メール頂いてホッとしました」

と、内心を明かしました。
こうやって、人は成長して行くのか。
久々に良い事書いたのか、僕。
posted by 逆転男 at 00:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。