2007年08月16日

中村紀洋、人生初のスクイズ

そういや僕は野球好きでしたんで、たまには野球の話題を。

昨日のプロ野球で、中日の中村紀洋が果敢にもスクイズを!
結果はまぁ、言うまでもありません。
三塁ランナーの井端が挟まれアウト。
新聞で写真を見ましたが、
ホッケーの選手がシュート打つ瞬間かと思いました。
しかも中村選手、人生初のスクイズだそうで。
少年時代から豪打で生きてきた選手なんだなぁと思いました。

でもこれって凄くないですか?

小学、中学、高校、そしてプロ入り。
それまでで一度もスクイズした事無いて!
言ってしまえばスクイズ出来なくても
プロ野球選手になれる
んだということですよね。

あのペタジーニですら、セーフティバントをしたのを見たことがある。

僕もスクイズのサイン出された事あります。
僕が三塁ランナーだった事もありますし、バッターでサイン出た時もあります。
やはり異様な空気になるというか、緊張で体が動かないと言うか。
三塁ランナーだった時は、バッターのS君がキッチリ決めてくれて
見事ホームインする事が出来たのですが、バッターだった時は大失態です。
確か僕が2年生で、三塁ランナーは3年生の怖い方だったのですよ。
それはどうでも良いんですが、僕初スタメンの試合だったんですね。
ここでサインが出る。
2007.08.16.jpg
画像誰だよって話は置いといて、かなりの緊張です。
ピッチャー第一球・・・投げた!
これはピッチャー、スクイズを読んでいた!アウトコースに外れている!

あ っ け な く 空 振 り

3年生の三塁ランナーTさん、挟まれアウト。
僕の横を通り過ぎる時の舌打ちは戦慄しました。
で、僕あっけなく三振でチャンスを潰します。
ここで教師である監督から怒りの雄叫び。

「 使 え ね ぇ な ぁ ア イ ツ は よ ぉ ! ! 」

すんません、本当にすんません。・・・でも、

そ れ が 教 育 者 の 言 葉 か !

と、言う事で「バントのイメージが無いプロ野球選手がこんな場面でバントしてたよ」を募集します。
↑マジかよw
posted by 逆転男 at 00:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51642236

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。