2007年10月16日

ダブルクラッチについて

僕が免許を取得してから数年。
数々の修羅場を向かえ、そろそろ中堅ドライバーだな
なんて思っていたんですが、知らない事がまだあったとは。

偉そうな事言ってますが、世の中知らない事ばかりです。

今日、ネットしてて気になったフレーズを見つけました。
ダブルクラッチ

「はいどうもダブルクラッチです」
なんて漫才師も居そうなくらい、ナイスなネーミングです。
デビュー作は是非「漫才・教習所」で。

それは良いとして、ダブルクラッチなんて初めて聞きました。
最初にそのフレーズが出てきたサイトでは
「クラッチを2回踏む事」
と、説明がありました。
「2回どころか僕は1日に何十回と踏んでるぞ」
なんて馬鹿な事抜かしてますが、違うらしいです。
どうやらこれは、シフトチェンジをする際に用いる技術のようで、
エンジンの回転数とシフトが合わなくて、
シフトチェンジがしにくい場合があります。
特にシフトダウン時に多いんですが、
その時この「ダブルクラッチ」をすりゃー良いらしいです。
(ホジホジ)

手順はこちら。

ブゥーン

シフトチェンジしよう

アクセルを戻す

クラッチをふむ

ギアをニュートラルにする

クラッチをつなげる(戻す)

回転をあわせる(アクセルをふかす)

またクラッチをふむ

ギアをシフトする

クラッチをつなげる

と、記載されておりました(残念な事にコピペ)
あれれ、完全に素人の考えですが、赤文字の部分要らなくねぇ?
と、言いますのも

クラッチをふむ

ギアをニュートラルにする

回転をあわせる(アクセルをふかす)

ギアをシフトする

この4つの手順の間、ずっとクラッチ踏んでりゃいいじゃん。
だってギアはニュートラルな訳だし、
その間にクラッチ踏んでようが踏んでなかろうが関係ない訳で、
わざわざ2回踏んで「ダブルクラッチ」だと言っても。

いいや、多分僕がおかしいんです。
免許取得4年余りの僕が分かる領域じゃないんです、多分。
posted by 逆転男 at 00:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。