2007年12月23日

M-1 2007

本日12/23はクリスマスの「イブイブ」ですね。
このフレーズで思いつくのが、M-1ですか。

みました。

まさか敗者復活が王者になるとは。
そもそもサンドウィッチマンて?
初めて見た方も多いと思うこのコンビですが、
僕はエンタの神様で見て、知ってました。
エンタではコントをやってましたので、
敗者復活がサンドウィッチマンになった時は、正直どうかなと思いました。

1本目のアンケートのネタ。
あれを見た時に既に予感はしてました。
昨年のチュートリアル程ではなかったのですが、勢いが凄かったです。
決勝のピザ屋のネタは1本目程ではなかったですが、
決勝3組の中ではズバ抜けて面白かった!

コントを主体でやっているコンビが、
同じ設定のネタで漫才をするとここまで面白いのか。
これはサンドウィッチマンだけではなく、
アンタッチャブルにも言える事です。

漫才を主体にやってるコンビって、
あくまでも漫才の中でコントをしようとするから
設定に無理が生じたり、ツッコミが変な感じになったりするかも知れませんが、
コントを主体にやってるコンビが漫才をすると、
漫才にとらわれずに、いつものコントのような感じで演じる事が出来て、
なおかつ上手く漫才の利点を使えてると思うんですよ。

さて、漫才の利点とは何か。

ズバリ「キャラクターにとらわれないでツッコミが出来る」
ではないでしょうか?例えばボケが客でツッコミが店員だとすると、
コントでツッコミである店員がツッコミを入れる場合、
あくまでもコントですので、
ボケであろうとキャラクター上ではお客様であるボケに対して、
「〜かよ!」とかってツッコミは至極不自然。

ここで漫才の利点を最大限に活用すれば、
キャラクターにとらわれずに「〜かよ!」みたいなツッコミが自然と出来る。
いつもに増して、のびのびとネタが出来るんじゃないでしょうか?

この利点を最大限に活用出来る技術って、凄いと思います。

おめでとうございます、サンドウィッチマン!

昨日、予想でも書けば良かったなぁ。
ちなみに僕の予想はキングコングでした。
posted by 逆転男 at 22:59| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。