2007年12月24日

省エネボタンの裏側

クリスマスイブです!の前に今は冬なんです。
寒くなってきまして、ストーブも必需品ですよね。
僕の部屋にもストーブはあります。
しかし今は原油価格の高騰により、ガソリンが非常に高いです。
無論、ストーブの燃料である灯油だってもちろん高い。
使うのを控えようかな、なんて考えたりもしますが凍え死にます。
ここ北東北岩手県内陸部では確実に凍え死にます。
こうなれば使うしかないのです。
しかし灯油が高いのが気になる。
僕の部屋のストーブにはとても気になるボタンが付いています。

2007.12.24.JPG

このご時勢、よく聞くフレーズですね。
凄く気になるボタンなんです。家族は
「せっかく付いてるんだし、ストーブ使う時は必ず押せ!」
との事。せっかく付いてるんだし、まあ押すけどちょっと待てと。
省エネボタンは凄く画期的なボタンだと思います。
が、省エネボタンを押して省エネになる機能が付いているのであれば、
ボタンなんか押さなくても、省エネになるストーブを開発すりゃよかった
んですよ。
それをわざわざ「省エネ」なんて文字を書いてさぁ、
偉そうにこの俺様にボタンを押させる事なんて。

ここで考えてしまうのは、
省エネボタンを押す事によって、何らかのデメリットが発生するのではないか。
多分そうです。少ないエネルギーを使って運転する訳ですから、
多少力不足な点もあるのではないかと。現に、今ちょっと寒いすね。

そうか成る程!

「省エネボタン」とは・・・
押す事によって省エネルギーで運転は出来ますが、
それによってちょっと寒くなりますが、それは使う人間が判断して下さい。
最初から省エネシステムを導入しますと、常に省エネルギーでの運転になります。
よって、常に寒い感じになっちゃいますんで、これはやはり使う人間が押さなアカンがな


って事か!

クリスマスイブの夜、僕はこんな事を考えて過ごすのでした OTZ
posted by 逆転男 at 00:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74498578

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。